タートル講師の技術士ニュース

口頭試験での注意点~話しすぎないこと!~
いよいよ口頭試験が始まります。話しすぎはダメです!
タートル講師 (2017年11月22日 12時39分)
口頭試験に向けて~宿泊の手配をどうしますか?~
口頭試験準備の一環として宿泊手配があります。どうしていますか?
タートル講師 (2017年11月01日 11時41分)
口頭試験を無事に受験するための準備について
口頭試験受験の準備として心掛けたいことをアドバイスしたいと思います。
タートル講師 (2017年10月23日 15時22分)
技術士第一次試験を受験された方へ
第一次試験を無事にクリアして、第二次試験(技術士)に挑む方へのメッセージです。
タートル講師 (2017年10月09日 10時11分)
もう一つの受験対策 ~身の回りの準備も忘れずに!~
試験そのものの準備以外にも重要な準備があります。
タートル講師 (2017年07月04日 14時33分)
試験まで2週間!残り時間で何を準備しますか?
筆記試験までいよいよ2週間ほどになりました。
タートル講師 (2017年06月30日 15時06分)
合格に繋がる論文を書くのに大切なことは?(その2)
もう1点、合格に繋がる論文に仕上げるコツを紹介したいと思います。
タートル講師 (2017年06月09日 16時51分)
合格に繋がる論文を書くのに大切なことは?(その1)
合格に繋がる論文とそうでない論文はどこが違うのでしょうか?
タートル講師 (2017年06月03日 17時51分)
「未来投資戦略2017」の素案が公表されました!
「未来投資戦略2017」の素案が公表されました。
タートル講師 (2017年05月31日 15時42分)
受験準備が思うように進まなくても、これだけはやっておきましょう!
技術士第二次試験まで2ヶ月を切りました。 択一あるいは論文作成について、勉強の真っ最中だ
タートル講師 (2017年05月24日 11時44分)
業務内容の詳細~総合技術監理部門で注意することは~(その2)
前回に引き続き、総合技術監理部門(総監)の「業務内容の詳細」を書く際の注意点について述べたいと思い
タートル講師 (2017年03月26日 09時02分)
業務内容の詳細~総合技術監理部門で注意することは~(その1)
今回は受験申込みにおける「業務内容の詳細」について、総合技術監理部門(以下、総監とします)を受験す
タートル講師 (2017年03月19日 09時59分)
受験申込~業務内容はどのように書くべきか~(その2)
前回に引き続き、勤務先における業務経歴のうち、「業務内容」の部分にテーマを絞って、注意点をアドバイ
タートル講師 (2017年03月13日 21時54分)
受験申込~業務内容はどのように書くべきか~(その1)
受験申込の書類は大きく2つの内容に分かれています。 1つ目は、1枚目の「技術士第二次試験
タートル講師 (2017年03月07日 16時31分)
技術士二次試験 受験申込書が大切です!
3月1日に、技術士二次試験の合格発表がありました。 合格された方、本当におめでとうござい
タートル講師 (2017年03月02日 16時58分)
業務内容の詳細~部門や科目のミスマッチに要注意!~
受験申込書の「業務内容の詳細」について、今回は『部門や科目のミスマッチ』をテーマに述べたいと思いま
タートル講師 (2017年02月24日 15時04分)
業務内容の詳細~いつの業務を題材にするか~(その2)
前回 は、受験申込時の小論文として、5つの業務経歴のうち、何番目の業務を取り上げているかについて
タートル講師 (2017年02月12日 20時44分)
業務内容の詳細~いつの業務を題材にするか~(その1)
受験申込書を提出する時には、「業務内容の詳細」として720字以内で小論文を書くことが求められていま
タートル講師 (2017年02月01日 16時50分)
口頭試験で気を付けることは
今月から口頭試験が始まります。 口頭試験が不合格になった方のパターンを分類すると、次の5
タートル講師 (2016年11月13日 21時20分)
アマゾン AXS資格学院
広告 www.amazon.co.jp

<資格試験合格への近道>技術士第一次、第二次試験 ライバルに差をつけて確実に合格するための超効率的な集中学習ソフト
実績No.1 資格試験の過去問題トレーニングソフト【資格王 シリーズ】

日本能力開発学院/頭脳王
広告 www.sokudoku-world.com

受験対策・資格取得への近道/実績No.1の速読ソフト・記憶力ソフト

AXS技術士学院(旧:技術士の学校)/技術士システム
広告 gizyutushi.com

技術士試験の全部門・全科目に対応
「日本で最も技術士試験を応援する企業へ」