タク講師

評価

☆☆☆☆☆ (0件)

自己紹介

技術士(建設部門-鋼構造及びコンクリート)のたくです。
建設コンサルタント(橋梁設計)、地方公務員(土木職)の経験者です。
令和4年度に4回目の受験で合格しました。
私も試験勉強では、この技術士システムで複数の講師の方に添削指導を受けていました。

SNSアカウント

(SNSアカウントは設定されていません)

現在の所有資格

建設部門 (鋼構造及びコンクリート)

その他の所有資格

コンクリート診断士
1級土木施工管理技士

受講生への応援メッセージ

合格への近道は、技術士に添削を受けることです。

添削費用は安くないかもしれませんが、合格後の資格手当、転職市場でのメリットを考えれば、かなりリターンの大きい自己投資だと思います。
取得が早ければ早いほど、技術士としてのメリットを長く受けられますので、将来、取得したいと考えている方は、「今すぐ」添削を受けることをお勧めいたします。

合格のためには、「わかりやすい書き方」が重要です。
情報社会となった現在、知識はネットで検索すればすぐに出てきます。このような時代に技術者に重視される能力は、分かりやすく技術を伝え、理解を得る能力です。
技術士試験は、専門知識が必要ですが、それ以上に分かりやすく技術を伝える能力が求められています。

出願対策と指導

不可:
準備中

筆記試験対策と指導

可:
基本的にメールでのやりとりで、希望があれば面談、電話対応も可能です。

口頭試験対策と指導

不可:
準備中

公開住所

静岡県浜松市~島田市の間

受付支払い方法

りそな銀行

料金表

必須科目Ⅰは建設部門(全科目)、選択科目Ⅱ、Ⅲは建設部門(鋼構造及びコンクリート(コンクリート専門))のみ受け付けています。より専門的な指導をしたいため受け付けしている部門、科目を限定してます。
指導の流れは以下です。
①受講生論文提出→②無料合否判定→③当方から添削指導した場合の料金を提示(2パターン)→④受講生が料金に納得した場合、料金支払い後、添削指導開始→⑤合格論文になるまで何度も添削指導

③までは無料です。自分の現在の実力を知りたいだけの方は、合否判定だけの依頼もOKです。ここまでは無料ですので安心してください。
③の料金パターンは、②無料合否判定で論文を見て指導に必要な労力に応じて以下の2パターンで設定しています。
重点指導:10,000円/1設問(3枚)(Ⅱは2-1-〇一つと2-2-〇一つで合計3枚)
簡易指導:5,000円/1設問(3枚)

その他

コンクリート診断士、1級土木施工管理技士の試験についても指導可能です。

登録

2023/04/15
2024年 発注者支援業務 求人 新建設コンサルタント株式会社 採用情報
広告 www.nc-c.co.jp
【急募】国土交通省の発注者支援業務を行う技術者を募集しております。
正社員(2024年20名)、550万円~、基本的に土日祝祭日は休日となります。