家事えもんのパパ講師の技術士ニュース

口頭試験で答えづらい質問(あんまり聞かれないが準備しておくと安心です)
どんな質問でも答えられると好印象です
家事えもんのパパ講師 (2018年11月29日 15時57分)
今やるべきことの再確認です
のんびりしたいところですがもう少し頑張りましょう
家事えもんのパパ講師 (2018年08月23日 15時29分)
試験当日の準備と注意点など
余裕をもって準備しましょう
家事えもんのパパ講師 (2018年07月10日 09時59分)
建設部門 道路科目 押さえておきたいキーワード
道路科目限定で申し訳ありません
家事えもんのパパ講師 (2018年06月29日 10時04分)
本番まで残り2ヶ月です
この時期の勉強方法について少しアドバイス
家事えもんのパパ講師 (2018年05月29日 09時20分)
講習会にはぜひ出席しましょう~
開催時期、定員数に限りがあるので対応は早いほうがよいですよ
家事えもんのパパ講師 (2018年03月19日 14時53分)
受験申込書について ~そろそろ準備をしないと手遅れになりますよ~
簡単なアドバイスを1つ
家事えもんのパパ講師 (2018年02月22日 11時01分)
口頭試験 当日の流れです
初めて口頭試験を受ける受験生はぜひ一読してください
家事えもんのパパ講師 (2017年11月06日 17時36分)
筆記試験合格発表がもうすぐです
発表当日の状況、そしてその後です
家事えもんのパパ講師 (2017年10月20日 14時10分)
筆記試験合格発表まであと1ヶ月ですね
そろそろ本気で口頭試験準備を始めてはどうでしょうか
家事えもんのパパ講師 (2017年09月26日 08時49分)
技術士法の主な条文
口頭試験時までに理解(ほとんど丸暗記)が必要となります
家事えもんのパパ講師 (2017年08月17日 11時39分)
筆記試験当日にやっておきたいこと
ただ受験して終わりにしてはいけません
家事えもんのパパ講師 (2017年07月04日 14時37分)
平成28年度 国土交通白書が公表されたようですね
建設部門受験者は軽く目を通すことをお勧めします
家事えもんのパパ講師 (2017年07月01日 09時02分)
技術士制度改革について
筆記試験には直接関係しませんが・・・
家事えもんのパパ講師 (2017年06月28日 15時43分)
出題される問題(選択科目Ⅱ及びⅢ)は「普遍的内容」と「最新話題」になっています
無駄な過去問でのトレーニングはやめましょう!
家事えもんのパパ講師 (2017年05月18日 14時00分)
択一試験対策の時間確保は?時間の使い方を間違っていませんか?
スキマ時間を有効活用しましょう
家事えもんのパパ講師 (2017年04月27日 09時34分)
必須科目の択一式はまだ終わらない?
現行方式試験タイプは今年度が最後ではなさそうですね・・・
家事えもんのパパ講師 (2017年04月17日 13時39分)
業務経歴票における業務詳細の内容を記述する時のちょっと危険なテクニック
気軽に使用すると大火傷しますのでご注意を(取扱い注意でお願いします)
家事えもんのパパ講師 (2017年03月22日 14時58分)
筆記試験 選択科目Ⅱ-1の記述方法
1枚論文の記述方法、実は自由に記述できるって知っていますか
家事えもんのパパ講師 (2017年03月07日 14時41分)
出願時における受験部門(科目)選択でお悩みの方へ
特に建設部門において、自分の選択する科目がわからないという質問をよく受けます
家事えもんのパパ講師 (2017年02月21日 16時13分)
もうすぐ合格発表ですね~
次は総合技術監理部門の受験を考えている方へ
家事えもんのパパ講師 (2017年02月09日 13時47分)
平成28年度の口頭試験が終了~来年度対策を始めましょう!
口頭試験を受けたことが無い人は出願対策の重要性がわからない?
家事えもんのパパ講師 (2017年01月22日 17時50分)
現行方式試験タイプ最後の年
択一試験が終わります。得意な人は平成29年度で決めよう!
家事えもんのパパ講師 (2017年01月09日 14時58分)
アマゾン AXS資格学院
広告 www.amazon.co.jp

<資格試験合格への近道>技術士第一次、第二次試験 ライバルに差をつけて確実に合格するための超効率的な集中学習ソフト
実績No.1 資格試験の過去問題トレーニングソフト【資格王 シリーズ】

日本能力開発学院/頭脳王
広告 www.sokudoku-world.com

受験対策・資格取得への近道/実績No.1の速読ソフト・記憶力ソフト

AXS技術士学院(旧:技術士の学校)/技術士システム
広告 gizyutushi.com

技術士試験の全部門・全科目に対応
「日本で最も技術士試験を応援する企業へ」